模型区 游戏区 动漫区 文艺区 交易区 社区导航

查看: 390|回复: 2
打印 上一主题 下一主题

[科幻模型] 《HGUC AMX-104 R·贾贾 by コスモ星丸》6月9日

[复制链接]
  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

    跳转到指定楼层
    楼主
    发表于 19-6-9 21:18 | 只看该作者 回帖奖励 |倒序浏览 |阅读模式
    转自:ガンプラの山を崩せ
    作者:コスモ星丸




    ■HGUC R・ジャジャ 完成編

    以前から進めていたHGUCのR・ジャジャ。
    今回はこんな感じに完成しました。
    配色は大体そのままですが汚しを入れて作っています。

    今回は胸部や腹部を若干ボリュームアップ。
    スラスターダクトの一部を作り直し、バーニアなどにも手を入れています。
    後は好みで一部のディテールを作り直しスジボリなども加えています。

    塗装はつや消し仕上げ。
    関節やバーニアなどはメタリック塗装にしていますがそれほど派手なメタリックにはしていません。
    赤色は説明書や成形色より暗めにして仕上げました。

    頭部はアンテナをシャープに尖らせた後モノアイをオーロラアイズに変更。


    胸部と腹部はプラ板でややボリュームアップさせました。

    バックパックは一部のモールドを作り直し、バーニアはノズルを追加
    スラスターダクトのフィンは一度くり抜きプラ板積層で作ったものを装着しています。


    バリアブルシールドはスジボリを追加。
    裏側は軽く煤色のパステルで汚しています。

    肩部はスパイクをシャープにしたのみです。

    腕部は一部のモールドを塗装したエッチングモールドなどに置き換え。
    肘部分の装甲はプラ板でシャープにしてスジボリなどを追加。
    また前腕のパイプはカマボコ状だったのでカットしてから
    手持ちのアルミパイプ&スプリングを塗装して組み込みました。

    リアスカートはスジボリやマルイチモールドを追加。
    腰の後ろ側にはケーブル接続口を取り付けました。

    アーマー裏には裏打ちパーツを追加。
    バーニアにはノズルとケーブルを追加しています。


    脚部もスラスターダクトの内側をくり抜き、プラ板積層で作ったフィンを取り付けています。

    足裏の肉抜きはプラ板で埋めました。
    また足首にあるバーニアは全てカットして置き換え。
    外側のバーニアはやや大きめのサイズにしてあります。

    ビームライフルを装備。




    ビームライフルは銃剣をシャープにして合わせ目を消したぐらいです。
    センサーは偏光フィニッシュグリーンを使っています。
    塗装はメタリックではなく普通のグレーにしました。

    デカールはガンダムデカールやRBコーションデカールを使用。
    一部自作デカールも使っています。



    ビームサーベルはガイアノーツの蛍光イエローで塗装。
    その後ホワイトを混ぜた蛍光イエローでグラデを付け、マジョーラエベレストで軽くコートしています。


    ビームサーベルはかなり大きめの刃で塗装も楽しいです。



    今回は好みでスマートガンを持たせたいなと思ったので
    ストライカージンクスのスマートガンを流用。
    プラ板などで一部のディテールを変更し
    タンク接続部や後端のダクトなどはプラ板箱組み&エッチングで作りました。
    タンクはコトブキヤMSGの物を流用しています。


    スマートガンはバリアブルシールドに装着できるようにしています。


    ケーブルも追加し腰後ろに接続するようにしました。


    グリップが可動しますし本体の可動範囲も申し分ないので楽に構えられます。

    ケーブルはリード線を使っているので可動の邪魔にはなりません。

    汚しはフィルタリキッドでフィルタリングした後にスミ入れやチッピングを入れ
    雨だれやオイル染みを加えた後足回りには土色のピグメント、銃口やバーニア周りには煤色のピグメントを擦り付けています。

    最後に色レシピなど。(C)=クレオス (G)=ガイアノーツ (F)=フィニッシャーズです。
    赤の装甲色はオキサイドレッドサフを吹いた後ホワイトで陰影を付けてから塗装しています。
    ■レッド
    (F)ピュアレッド+(C)マルーン+(C)クールホワイト

    ■ダークレッド
    (G)ボトムズカラーブラッドレッド+(C)あずき色

    ■フレーム色
    (C)ジャーマングレー ドゥンケルグラウ+(G)EXシルバー
    一部は(C)ジャーマングレー グラウ+(G)EXシルバー+(C)クールホワイトで塗り分けています。

    ■武器色
    モデルカステンスペリオルウォームグレー+(C)ニュートラルグレー+(C)ウイノーブラック
    一部はスペリオルウォームグレー+ニュートラルグレーや
    (C)スーパーチタン、(C)クールホワイト+(C)ニュートラルグレーなどで塗り分けています。

    ■バーニア類
    (G)ガンメタル 内側は(G)ミラークロームの上から(G)クリアレッド、ノズルなどは(C)スーパーチタン

    つや消しはクレオスのスーパースムースクリアを使いました。

    以上HGUC R・ジャジャ 完成編でした。
        キットはRギャギャがベースになっているものの、ベース自体比較的新しい物ですし
        特に面倒な挟み込みなどもない作りやすいキットでした。
        ただ細かいダクトなどの塗り分けは数が多いのでちょっと面倒かもしれません。
        自分は汚して作りましたがツヤツヤの塗装やキャンディ塗装などもよく似合うデザインだと思うので
        色々な仕上げを試してみるのも良さそうです。
        キットレビューに時間を取られてなかなかこちらが進まず、随分時間がかかってしまったので
        次からはもう少しペースアップして完成させられるよう頑張りたいです。

    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
    分享到:  QQ好友和群QQ好友和群 QQ空间QQ空间 腾讯微博腾讯微博 腾讯朋友腾讯朋友
    收藏收藏1 转播转播 分享分享 神!神! 渣!渣! 微信分享 分享一下
    点击每个帖子下方的“评分”按钮,可以给你认为优秀的帖子奖励一点“金币”!
    回复

    使用道具 举报

  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

    沙发
     楼主| 发表于 19-6-11 20:05 | 只看该作者
    HGUC R・ジャジャを作る その1

    今回は汚したりして仕上げようと思っているR・ジャジャ。
    いくつか気になる箇所もあるのでまずは色々ディテールアップする準備をしていきます。
    背面などのスラスターですが特にモールドなどもなくそのままではのっぺりしているため
    プラ板積層パーツでも作って組み込もうと思うのでまずはくり抜いていきます。

    まずはくり抜く部分をドリルでざっくりと適当に穴を開けます。
    その穴を繋げるようにデザインナイフでカット。
    フチをデザインナイフや彫刻刀で整えたら

    ヤスリで仕上げておきます。


    脚部も同じように加工。
    開口してヤスリで整えておきました。

    続いて前腕のパーツですがパイプが抜きの関係でカマボコ状になっています。
    こちらもちょっと目立つので何か手持ちのパイプやケーブルに置き換える事にしました。

    そのままだとパイプ部分が切り取り辛いので画像のようにノコで3分割してから
    パイプモールドをカットします。

    パイプモールドをカットしたら再度接着。
    腕パーツにはめてズレないようにしておきます。

    頭部のアンテナは先が丸いのでシャープ化しておきます。

    削る時はサフを吹いてから作業すると削った部分がわかりやすく
    均等に仕上がります。
    キットだとモノアイはシールですがこちらは何か適当なレンズパーツを使おうと思います。

    後は合わせ目が出るパーツで接着しても問題のないパーツを接着しておきました。
    次も気になる所に手を入れていこうと思います。










    HGUC R・ジャジャを作る その2

    前回シンプルなスラスターダクトに手を入れようとくり抜いたRジャジャ。
    今回はそちらに詰めるパーツを作ります。
    まずは厚み0.3mmと0.75mmのプラ板を用意し、
    ダクト幅よりほんの少し太くカットしたものを短冊状にカットしていきます。
    奥行きもギリギリで作ると整え難いので接着しろも兼ねてやや余裕を持ったサイズでカットしておきます。

    カットしたらスコヤを2つ使い直角を出しながら短冊状のプラ板を接着。
    接着剤は後でばらすので片側に少しだけ瞬着を付け接着します。
    スコヤを当てない側がデコボコになったりしますが削って整えるのでとりあえず片側だけきっちり合わせていきます。

    接着したらブロックを整えます。
    以前紹介したサンディングスライダーで削りますが
    どれも数ミリのブロックで作業し辛いのでヤスリ板などに瞬着で仮止めして削ると作業しやすいです。

    ブロックをそれぞれ整えたら


    デザインナイフでアタリを付けてタガネで溝を彫ります。
    こちらも作業し辛い大きさなのでバイスなどがあると楽に作業できます。

    溝を彫ったらデザインナイフでブロックの接着を剥がし1枚1枚接着していきます。
    歪まないようにスコヤをガイドにして作業しました。
    こちらは瞬着ではなくプラ用の接着剤を使って接着しました。

    一部のスラスターダクトは台形になっているので
    適当なプラ板でジグを作りそのジグに瞬着でブロックを仮止めしたらスライダーで削ります。


    これでスラスターダクト内部に組み込むパーツが組めました。
    地味に面倒な作業が多く、素直にスリットプラ板をカットして組み込んでおけばよかったとちょっと思ったり。

    後は微調整しながら組み込めるかチェックしておきました。
    背面のパーツは内部のリブに干渉するので接着がしっかり乾いたら接着しろ部分をノコでカットします。

    次は武装ですが今回はストライカージンクスのスマートガンを持たせようとそちらも用意しました。
    次回は武器に少し手を入れていこうと思います。










    HGUC R・ジャジャを作る その3

    ストライカージンクスのスマートガンを持たせる事にしたRジャジャ。
    そのまま使うのではなく若干手を入れてみようと思ったので今回はこちらの製作を進めていきます。
    まずはジンクスのライフル部分を一部カットしておきます。

    バレル部分は少しデザインを変えようと思ったのでカバーを作ります。
    0.3mm、0.5mm、1mmなど複数の厚みのプラ板を加工し画像のようなパーツを作りました。

    取り付けるとこんな感じになります。

    続いてカットした部分にタンクを取り付けるので基部をプラ板の箱組みで作ります。

    組んだらディテールアップのためプラ板を貼ったり穴あけをしたりしておきます。
    その後タンク取付部に3mmの穴を開けておきました。

    タンクはコトブキヤMSGのプロペラントタンク丸を使いました。
    できるだけ短い構成で組んでおきます。

    組み込んでみました。
    プラ板で組んだ基部はシールドにマウントさせるとき回転するようにするので接着はしません。
    今回は汚すので擦れなどはあまり気になりませんし、そのまま差し替えても良い気がするので加工しないかもしれませんが
    ネオジム磁石を埋め込んで固定しようかなと考えています。

    ケーブルも取り付ける事にしたので手持ちにあったメタルパイプと0.65mmのリード線でケーブルを作りました。

    後端部にはダクトを付けるのでこちらもプラ板でパーツを箱組みしておきます。

    ダクト部分はスリットプラ板に手持ちにあった鋼魂のモールモールドをバラしてから接着しました。

    これでダクトも追加完了。
    フィンパーツは塗り分けしやすいように接着しないでおきます。

    全部組み込むとこんな感じになります。
    追加部分は組んだままだと箱っぽいので表面処理などが終わったらC面を付けて他と馴染ませます。
    ケーブルは本体側にも取り付けるポイントを作っておく予定です。

    プラ板でピンも追加し、シールド部分にライフル同様マウントできるようにしておきました。
    次は銃剣などを尖らせつつ本体の加工に戻ります。










    HGUC R・ジャジャを作る その4

    前回スマートガンなどの作業を進めたR・ジャジャ。
    今回は脚部を進めていきます。
    まずは足首周りにあるバーニアですがこちらは繋がっているので別パーツ化します。

    まずはバーニア部分を小さい丸ディテールを残しカット。
    今回は外側のバーニアをちょっと大型化するので角度が付くよう3mmプラパイプを斜めにカットしたものを
    片側に貼り付けておきます。

    バーニアはコトブキヤMSGのバーニアノズルIIIを使う事にしました。

    外側は大きい6mmの物を接着してボリュームアップ。
    装甲の間から良く見えるようにしておきます。
    内側は大きい物を使うと可動に干渉し接地が悪くなるので4mmを使う事にしました。

    続いて足裏の肉抜きを埋めます。
    幸い直線的な肉抜きで埋めやすい形状のため0.5mmプラ板をカットし
    軽くディテールを入れてから貼り付けました。

    足首は表面処理の邪魔になる三角モールドなどを一旦削り落とし
    表面処理後にプラ板で作り直しました。
    好みでスジボリなども追加しています。

    足首装甲も同様に表面処理をしてスジボリやプラ板でディテールを追加。

    スジボリのはみ出しなどは急ぐ時はいつも光硬化パテで修正しているのですが
    ガイドテープを貼ったり近い所をスジボリしているとポロっと取れる事がたまにですがあるので
    今回イージーサンディングという削りやすい瞬着で埋めるのを試してみました。
    粘度は通常タイプの瞬着とゼリー状瞬着の中間ぐらいで扱いやすく
    手早く修正したい場合硬化スプレーは必須ですが
    確かに普通の瞬着よりサクサク削れるので合わせ目消しにも便利かも。

    これで膝下部分はほぼ終わりました。
    外側のバーニアを大型化したのでより目立つようになります。
    後はつま先など一部のディテールを彫り直しておきます。

    通常のライフルも一部合わせ目があるのでこちらも消しておき
    銃剣もシャープに尖らせておきました。
    次回は腰パーツなどの製作を進めようと思います。

    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
  • TA的每日心情
    开心
    15-1-10 16:19
  • 签到天数: 483 天

    [LV.9]七武海

    板凳
    发表于 19-6-14 08:44 | 只看该作者
    这次肿么木有过程。。这人的作品还是很亲民的
    您需要登录后才可以回帖 登录 | 会员注册

    本版积分规则

    小T微信公共号
    扫一扫订阅我!
    关闭

    广告服务|手机客户端|小黑屋|Archiver|手机版|小T 沪公网安备 31011502006059号 ( 沪ICP备10204827号 )    

    GMT+8, 19-6-20 18:20

    Powered by XiaoT 2014

    © 2011-2087 MoMan Co.ltd.

    快速回复 返回顶部 返回列表