模型区 游戏区 动漫区 文艺区 交易区 社区导航

查看: 710|回复: 4

[科幻模型] 《1/35 ZGMF-X19A 无限正义高达头像 by 下田重工業》1月18日

[复制链接]
  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

    发表于 20-1-18 17:33 | 显示全部楼层 |阅读模式
    转自:modelers-g
    作者:下田重工業




    閲覧ありがとうございます。
    1/35スケールでインフィニットジャスティスガンダムのヘッドディスプレイを制作しましたので投稿させていただきます。

    頭部はプラ板とパテによるスクラッチ、内部メカ・首のフレームは様々なキットのパーツを組み合わせたミキシングになります。
    自分好みに形状を変更しつつ、粗密を意識したディテールアップを心掛けています。

    皆様のコメント、よろしくお願いします。

    過去に制作したストライクフリーダムガンダムのヘッドディスプレイとフォーマットを合わせ、装甲に包まれた頭部とメカが剥き出しの首フレームを木製台座の上にディスプレイする形としています。

    頭部は、CADで三面図作り、そこからカッティングプロッター用のデータを作成し切り出したプラ材、およびパテで成形しています。
    MGやHGのキットの形状を参考にしましたが、1/35相当に拡大した場合でも映えるように、多分に形状を変更したり、ディテールを調整したりしています。

    ストライクフリーダムの兄弟機にあたるインフィニットジャスティスなので、首フレームの形状は先に制作したストライクフリーダムのヘッドディスプレイと同じとし、カラーと細部のディテールのみ変更しています。

    真横からの写真になります。
    Seeh系の機体は後頭部が切れ上がったデザインが特徴かと思います。ここでは、私自身の好みで多少前後に延長させています。

    実際に薄いプラ板で装甲を作っています。
    パテで造形した頭部の型の周りに0.5mmプラ板を少し浮かせた状態で並べることで薄い装甲に覆われている様子を表現しました。
    なお、装甲はネオジム磁石で着脱できます。

    デカールはRG系のガンダムデカール各種、および、Vertexさん、Hi-Qバーツさん、海魂さんの商品を主に使用しています。

    長大なトサカはMG νガンダムver.kaのフィンファンネルのパーツを軸に制作しています。
    センサー部分は目立つように大型化し、先に制作したストフリヘッドと類似したアレンジとしています。

    ツインアイには100円ショップで購入したパール折紙を使用して光を拾うようにしています。LEDなどを仕込まなくても、レフ版で光を当ててあげるだけでキレイに発光しているように見えます。

    フレームのアップになります。
    今作でも様々なケーブル材を熱縮チューブで束ねることでハーネスを表現しつつ、フレームをデコレーションしています。
    フレーム自体は、主にコトブキヤさんの「MSG:ブリッツガンナー」「MSG:ラピッドレイダー」「MSG:コンバートボディ」「MSG:コンバートキャリアー 」「ヘキサギヤ:バルクアーム」「FA:グライフェン」で構成させています。
    また、ワンポイントとしてモデルバベットさんの商品でディテールを追加しています。

    カラーレシピ
    赤(外装)        NAZCAカラー NC-003 フレイムレッド
                    UG-12 サザビーレッド
                    Mr.Color No.158 スーパーイタリアンレッド
    赤(シリンダ)        Mr.Color No.79 シャインレッド
    外装(外装)        ガイアカラー No.71 ニュートラルグレー1
                    ガイアカラー No.72 ニュートラルグレー2
                    Mr.Color No.311 グレーFS36622
    濃グレー        Mr.Color No.301 グレーFS36081
                    メカサフスーパーヘビー
                    メカサフヘビー
                    メカサフライト
                    タミヤエナメル XF-63 ジャーマングレイ
    金                Mr.Color GX210 ブルーゴールド
                    タミヤエナメル X-31 チタンゴールド
    銀                ガイアカラーNo.121 スターブライトシルバー
                    ガイアカラーNo.1002 ダークステンレスシルバー
    黒鉄                ガイアカラーNo.125 スターブライトアイアン
                    UG-05 MSグレー(連邦系)
                    Mr.Color No.61 焼鉄色
    その他                ガイアカラーNo.044 クリアーブルー

    ストライクフリーダムヘッドディスプレイとの2ショットになります。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
    点击每个帖子下方的“评分”按钮,可以给你认为优秀的帖子奖励一点“金币”!
    回复

    使用道具 举报

  • TA的每日心情
    开心
    20-2-21 15:40
  • 签到天数: 1486 天

    [LV.10]霸王色霸气拥有者

    发表于 20-1-18 17:36 | 显示全部楼层
  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

     楼主| 发表于 20-1-18 18:16 | 显示全部楼层
    メインで進めているキットをガッツリ工作するほどの時間が取れない夜は1/35∞ジャスティスの検討も進めています。
    やっぱりストフリの横にはこの機体を並べたいと思い、検討を開始した次第。
    この機体、なかなかのイケメンですね。
    好みのバランスを調整しつつ、三面図を作っていきます。



    35∞ジャスティスヘッド
    あれだけ皆さんを巻き込んだので、35インジャ始動!
    1枚目
    ①先ずは3面図面から
    ②カット用のデータを作って
    ③カッティングプロッターでけがいて
    ④切り出しやすい用にスミイレ
    2枚目
    ①タミヤの三角棒で直角を出しつつ
    ②各部を接着
    3枚目
    頭部の基部が完成!


    35∞ジャスティスヘッド
    1枚目
    ①頭部の基礎に
    ②アルミホイルを
    ③詰めこんで底上げした上に
    ④ポリパテを盛って
    2枚目
    ヤスリで削って、頭頂部の中身が完成
    ポリパテを盛るときはヘラを使って形状を出しながら盛ると後が楽なんですが、1回目の盛りではこの位グチャっとなっちゃいます。

    35∞ジャスティスヘッド
    フェイス部分の形を作ります。
    ①図面作成(三角関数勉強してて良かった:笑)→切り出し
    ②箱組の要領で部品を作る。セメントで仮付けした後に瞬着で固めるとやり易い。
    ③部品間はナノブロックで接続。力を入れても壊れないように補強も忘れずに
    ④それっぽい!

    35∞ジャスティスヘッド
    フェイス部分ですが、ちょっとマスク部分のトップの位置がしっくりこなかったので、ちょっと修正。
    ①マスクの鼻先の位置をもう少し上前にしたい
    ②マスク部と同じ形のプラ板を用意
    ③元のプラ板の上に位置を微調整しつつ接着
    ④隙間を埋めればいい感じ!


    35∞ジャスティスヘッド
    後頭部部分の基礎も頭頂部と同様に作ります。
    1枚目
    ①図面→切り出し
    ②箱組み
    ③接続はネオジム磁石を埋め込み
    ④ポリパテ盛り
    2枚目
    ヤスリで整えて粗方整形

    同じような作業の繰り返しで恐縮ですが、近道は知らないので、地道に続けるのみです(;´∀`)

    35∞ジャスティスヘッド
    トサカの形状を出します
    1枚目
    ①FAブリッツガンナーのJ-7パーツ
    ②いらない部分を落として幅詰め
    ③残りの部分はプラ板で
    ④組み合わせ
    2枚目
    ①長大なセンサーはMG νのファンネルを軸に
    ②ジャンクパーツで形を作り隙間を埋めて
    ③プラ板で仕上げて
    ④それっぽい!

    35∞ジャスティスヘッド
    頭部の装甲を作っていきます。
    普通ならポリパテの塊を頭部そのものとして問題ないのですが、ストフリの兄弟機として、同じく軽めの装甲を表現します。
    ①分割ラインを検討
    ②マスキングテープに写す
    ③ハンディスキャナで撮り込んで
    ④CADで切り出し用データ作成

    ⑤切り出した装甲用プラ板(0.5mm)を
    ⑥手で軽く曲げて、頭部基礎のラインに近づける。
    ⑦頭部基礎に接続用のネオジム磁石を仕込む。
    ⑧最終的に装甲側に付く磁石を頭部基礎に仕込んだ磁石につけた状態で、その上に瞬着を盛る。

    ⑨磁石の上の瞬着に装甲用プラ板を押し付け→硬化させる。
    ⑩上から見るとこんな感じ。
    ⑪これを繰り返して、頭頂部だけで4枚の装甲パーツの素ができた
    ⑫ただし、これだけでは、隙間も大きく、強度もないので、強度アップ+隙間埋めのため、同じ大きさのプラ板を用意します。

    ⑬隙間を埋めるように、1枚目の装甲の上に、少しずらして重ねます。
    ⑭隙間が二面にある時は、パーツを2つに切って、1つ目は、片側の隙間を埋めるようにずらした位置に接着し、
    ⑮2つ目は、反対側の隙間を埋める位置に接着。
    ⑯2枚目の装甲を貼り終わると、パッチワークみたいな感じ。

    ⑰瞬着パテを盛ります。ここでは、削ることでパテの層が薄くなることが想像されるので、食い付きが強い瞬着パテを選択しました。
    ⑱ヤスリで削って頭頂部の装甲が粗方完成!!
    長文にお付き合い頂きありがとうございました。

    35∞ジャスティスヘッド
    襟足部分の形状を作ります
    1枚目
    ①プラ板を3枚切り出し。カーブを描く部分に等間隔に切り込みを入れる
    ②等間隔の切り込みを折り曲げてカーブを作る
    ③円筒で曲率を固定して瞬着塗布→2,3枚目のプラ板をこの上に貼り付け
    ④曲率が固定される
    2枚目
    それっぽい!

    35∞ジャスティスヘッド
    後頭部の装甲を作ります。
    ①マスキングテープに形を写す
    ②プラ板切り出し+後頭部基礎に磁石の当たり付け
    ③後頭部基礎に磁石埋め込み
    ④インジャの後頭部の特徴的な凹凸構造はMGνのファンネルで作ります。磁石で接続したプラ板にファンネルのパーツを接着して

    ⑤余計な個所を切り落とす。
    ⑥後ろまで同様にファンネルを使って凹凸構造を作る。隙間は瞬着パテで埋めて、丁寧にヤスリがけしてラインを繋げる
    ⑦刈上げ部分の角度が理想と違ったので、切り落としてリテイク
    ⑧ポチパテ盛り盛り(やっぱり汚い(;´∀`))

    ⑨DIY用のサンダー投入!
    ⑩物の2,3分で粗方の形まで削れます(粉塵が凄いのでマスクと飛散防止対策必須:私は小型卓上空気清浄機の前で削り作業を行っています)
    ⑪襟足パーツとの隙間を埋めにいく
    ⑫コンターゲージで大方の形状を写し取る

    ⑬コンターゲージせ写し取った形状をプラ板に転写
    ⑭襟足パーツに沿ったプラ板が切り出せた
    ⑮後頭部パーツに⑭のプラ板を接着し、余計な部分を除去
    ⑯それっぽい(≧▽≦)

    この空気清浄機は、この位のサイズです。
    吸い込み側の面を自分の方に向けて、吸い込み口の目の前でヤスリがけしてます。

    35∞ジャスティスヘッド
    マスクの黒い部分を作ります。
    ①目に付く箇所なので、敢えてジャンクパーツを軸に作ります。プラ板工作特有の平面感をなくし、市販のガンプラっぽさを出すのが目的。
    ②いい接続方法が浮かばなかったので接着。
    ③余分な部分を切り落とし。
    ④それっぽい!



    35∞ジャスティスヘッド
    頬あて部分を作ります。
    ここは、特筆するべきことはなく、プラ板工作で力業で形を出しています。
    その他、トサカ部分のバランス調整なども適宜行いつつ、残すはアンテナのみです。
    アンテナまでできたら、ディテールアップ作業に入ります。

    35∞ジャスティスヘッド
    アンテナを作っていきます。先ずブレードの部分
    ①図面からカット用データを作成→プロッターでケガキ
    ②切り出し
    ③箱組の要領で組み立て。ただし、この位まで進捗していると図面と現物はズレているので、現物合わせで形状を微修正しつつ組みます。
    ④それっぽい!



    35∞ジャスティスヘッド
    アンテナの真ん中の部分
    1枚目
    ①接着したくない部分をセロハンテープで養生
    ②ブレードに被せながらプラ板箱組
    ③こんな感じで外れる
    ④接着したくない部分を養生して②で作ったものとブレードの隙間を瞬着パテで埋める
    2枚目
    余分な部分を削る
    3枚目
    それっぽい!

    当然のように「瞬着パテ」とか書いてますが、正式名称ではないので、私の使っている方法を載せときます。
    ①ベビーパウダーを適量
    ②シアノンDWを適量
    ③混ぜる
    ④盛り付け→その後瞬間接着剤の硬化促進スプレーを吹きつけ
    ベビーパウダー:シアノンは1:1~1:2位。粘度を上げたい時はベビパを多めで。

    35∞ジャスティスヘッド
    最後に残った頭頂部と後頭部の隙間を埋めます。
    ①埋めたいのはココ
    ②コンターゲージで型取り
    ③型取りした曲面を転写したプラ板を切り出し、大まかに隙間を塞ぐ
    ④瞬着パテで残りの隙間を埋め→ヤスリがけ

    35∞ジャスティスヘッド
    先のツイートの作業の結果が気になったので修正
    ①隙間を埋めたプラ板が斜めっていた(´;ω;`)
    ②頭頂部にセロハンテープを貼ってから、後頭部装甲の歪み部に瞬着パテ盛り
    ③セロハンテープには瞬着パテは付かないので、硬化後にパリっと剥がせる
    ④ヤスって修正完了




    頭部全体の形状出しが完了です!
    これから傷消し→ディテールアップをしつつ、首フレームを作ります。
    頭部の基礎部分の箱組をしたのが11/18だったたので、ここまで20日ちょっと。日中は会社員ですので、深夜and休日の作業でこの位の事は出来たりします。

    格好良く出来たと思う反面、シンメトリーは壊滅的なんです。
    万年オラザク予選落ちの工作力なので、仕方ないですね。
    でも、この程度の工作力でも、頭使って手順考えれば、ここまでできると伝わればうれしいです。
    オラザクで一次突破できるような人が作ればどんなに凄いものができるのだろう?



    首フレームをば。
    前作のストフリヘッドの兄弟機なので、ほぼ同じ構造として構成します。
    主に
    ・MSGブリッツガンナー,ラピッドレイダー,コンバートボディ
    ・HxGバルクアーム
    ・FAグライフェン
    ・MG陸戦型ガンダム
    のパーツで形成されています。

    今夜の作業
    ①→②プラ板切り出し+ヤスリがけ(5分)
    ③接着(5分)→乾燥待ち(5分)
    ④穴あけ(5分)
    でトータル20分(0:00~0:20)
    23時過ぎに帰宅しても、少しずつ作業していれば、いつか完成するので、毎日コツコツと(*´ω`*)

    モデルバベットさんの新商品が着弾!

    【GDP32】:ゴチャメカ・ディテールアップパーツvol.32
    28パーツセット(14種類 ×2セット 全28パーツ)

    こんな感じで使える(≧∀≦)

    傷消し→ディテールアップ→捨てサフ
    消え切れていない傷があるので、ここから再度表面処理です。
    最近はハイディテールな作品も多いので、ディテールアップの詳細は割愛しますが、隠すわけではないので、具体的に聞きたいものがあれば質問してください(*´ω`*)



    木製台座を仕上げます。
    1枚目
    ①穴位置にあたりを付け
    ②ドリルで開口
    ③裏から座ぐり
    ④全面にヤスリ
    2枚目
    ⑤水性ニスを
    ⑥数回塗り重ねて狙った濃さに
    ⑦中研ぎ
    ⑧水性ニス(クリア)でコート→中研ぎ
    3枚目
    ⑨ラッカークリアでコート
    ⑩ラッカー艶消しで仕上げ


    消し切れていない傷等を消していきます。
    瞬着パテで成形した箇所にはピンホールが入りやすいのでタミヤのイージーサンディングを盛ってから削って埋めていきます。
    2枚目の写真が頭部のパーツ構成です。35ヘッドも4作目ということで洗練されてきたイメージ。

    塗装を進めています。
    今回もツインアイ内部になんちゃってディテールを入れています。

    新年一発目の模型は塗装!
    自作の塗装ブースは、軸流ファンを使った高風量低静圧タイプなので、部屋の対角の窓を開けて空気の流れを作って吸い出します。なので、部屋はほぼ外気と同じ状態になってしまうので極寒です:;(∩´﹏`∩);:
    まだまだ塗分けます。



    35∞ジャスティスヘッド
    個人的好みもあり、メカ部は執拗に塗分けます。マスキングも多用しますが、円形凸モールドはマスキング難度が高く、キレイになり難いです(-_-;)
    そこで、エナメル塗料によるリカバリーを組み合わせてキレイに仕上げます。
    注:下地側の塗装はラッカー系使用のこと

    塗装完了!
    ある程度組み上げて、クリアを吹いて、艶ありにします。
    ここから、スミイレとデカール貼りを艶あり状態で行うことで、
    ・墨が余計な所に染み込まず、拭き取りやすい
    ・デカールの下に空気を噛みにくく、シルバリングし難い
    といったメリットがあります。

    デカールまで張り終わったら、再度クリアを吹いてデカールを保護し、つや消しをします。
    最近はクリアとつや消しは写真の商品を使ってます。
    頭部に使いたいデカールを買い忘れていたので、先ずは首フレームのみ進めます。


    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
  • TA的每日心情

    13-10-18 04:10
  • 签到天数: 2 天

    [LV.1]屌丝山贼

    发表于 20-1-21 10:15 | 显示全部楼层

    该用户从未签到

    发表于 20-1-31 18:49 | 显示全部楼层
    您需要登录后才可以回帖 登录 | 会员注册

    本版积分规则

    小T微信公共号
    扫一扫订阅我!
    关闭

    广告服务|手机客户端|小黑屋|Archiver|手机版|小T 沪公网安备 31011502006059号 ( 沪ICP备10204827号 )    

    GMT+8, 20-2-23 13:59

    Powered by XiaoT 2014

    © 2011-2087 MoMan Co.ltd.

    快速回复 返回顶部 返回列表