模型区 游戏区 动漫区 文艺区 交易区 社区导航

查看: 9066|回复: 15

[科幻模型] 《MG RX-93 υ高达"esperanza" by RYUA》7月8日

[复制链接]
  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

    发表于 14-7-8 14:14 | 显示全部楼层 |阅读模式
    本帖最后由 su30mkk 于 14-7-8 14:14 编辑

    转自:modelers-g
    作者:RYUA




    描述:U.C.0093 シャアの反乱より2ヶ月前…
    オールドタイプでもファンネルを扱えるようにするという無謀なプロジェクト。
    一般兵にも擬似的にニュータイプ能力を付加をする、まさに連邦軍の"希望"
    そして受け継がれてゆく"希望"は形となり、後世に受け継がれるー。

    MGνガンダムVer.kaをベースに、
    MGシナンジュ・スタイン、MG_Hi-ν、
    HGデルタカイによるミキシングビルド作品になります。

    ユニコーン(シナンジュ・スタイン)への架け橋となる
    MSをコンセプトに、妄想オラ設定をしながら制作いたしました。

    等ブログで細かく触れておりますので、
    よろしければご覧になってみてください。


    まだまだ本格改造を初めて日が浅い身ですが、
    よろしくお願いいたします。
    标签: MG νガンダム ver.kaミキシングシナンジュ・スタイン
    キット: MG νガンダム ver.ka
    改造パーツ(1): MGシナンジュ・スタイン、MG HI-ν、HGデルタカイ



    白はそのままで塗ってしまうと青の色調が軽い為、
    全体がぼやけてしまうので、少しグレイッシュに転ばして
    全体を引き締めています。



    とにかく自然な流れができるよう、
    アウトラインは徹底して見直しました。
    改修点は非常に多いので、この場では省かせて頂きます。



    デカールは、
    νガンダムとスタインの基本キットのものを使用。
    アムロマーク、ラー・カイラムマーク、
    ロンドベルマークが、設定上全て使えなかったので、
    かなり気を遣って貼りました。



    今回オラ妄想設定をした、
    ナイトロというシステムの禍々しさを表現する為に、
    サイコフレームの色を赤に変更。
    本体の青を弱めのパステル調にし、
    強めな色でサイコフレームを塗装する事により、
    サイコフレームを視覚的に厨二表現になるよう意識しました。
    思った程の効果はございませんでしたが(爆)



    素組との比較です。

    最後までご観覧頂きありがとうございました。










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑮完成

    制作開始より3ヶ月…

    改造グルっぽ 第2.5回CCAコンペ参加作品 無事完成です。




    MG νガンダム ver.ka改造 ミキシングビルド作品

    『継承冀望』
    『RX-93e νガンダム“エスペランサ”』

    前回の完成予告PVで、本機のおおよその設定は掴めたでしょうか!?

    オールドタイプでもファンネルを扱えるようにするという無謀なプロジェクト。
    一般兵にも擬似的にニュータイプ能力を付加をする、まさに連邦軍の"希望"
    そして受け継がれてゆく"希望"は形となり、後世に受け継がれるー。

    そんなユニコーン(シナンジュスタイン)への架け橋となる
    MSをコンセプトに制作いたしました。


    せっかくの完成記事ですので写真多めですがお許しくださいm(_ _ )m





    まずはフレームショットから



    ナイトロというシステムの禍々しさを表現する為に、サイコフレームの色を赤に変更。
    塗り分けもガンメタベースにシルバー、差し色に青金を使用しました。

    本体の青を弱めのパステル調にし、強めな色でサイコフレームを塗装する事により、
    サイコフレームを視覚的に厨二表現になるよう意識しました。

    が、思ったよりサイコフレームが剥き出しにならなくて残念(T_T)
    (一番気合い入れて塗装したところなのにー( ̄▽+ ̄*))





    素ショット



    紫サフが効いたようです(^O^)
    白はそのままで塗ってしまうと青の色調が軽い為、全体がぼやけてしまうので、
    少しグレイッシュに転ばして全体を引き締めています。
    細かいですが、白は三段階に塗り分けました。





    改修点簡易まとめ



    【顔】

    ■鼻下を削って短くして、口を奥に移動。顎下も少し角度をつけて削って小型化。
    口パーツを丸フォルムから角フォルムに面出し。
    ■ヘッドパーツを丸フォルムだったので、プラ板で先端を1mm延長後角出し。
    ■バルカンのパーツの先端を3mmカットし、メタパのシングルバンカンに置き換え。
    ■後頭部をパテで整形し、シルエットのボリュームアップ。
    ■目尻の部分に1mmプラパンを足して離れ目感を解消。
    ■スジ彫りと塗り分けによるディテアップ。




    【腕】


    ■シナンジュスタインとミキシングして、肩パーツのデザインを変更。
    整合性を合わせる為にディテールの追加。
    ■一部装甲をパージし、むき出しのメカディテを追加。




    【胴】


    ■各パーツに延長工作を施し、全体で3mm延長。
    ■コクピットハッチの先端を3mm延長、さらにC面を消して平面に改修。
    ■ところどころにプラ板とスジ彫りでディテアップ。




    【腰】

    ■フロントアーマーをシナンジュスタインのものに流用。
    合わせてサイドアーマーを10mm延長。スジ彫りとプラ板による小ディテアップ。




    【足】


    ■間接を改修して鳥足気味に。
    ■シナンジュスタインのスラスターを移植し、ディテアップ。
    ■丸いフォルムにC面処理し、角フォルムに変更しエッジの強調。




    【バックパック】


    ■シナンジュスタインのバックパックを移植。
    ■Hi-νガンダムのファンネルラックを加工し、移植。
    Hi-νのファンネルを4基セットアップできるように加工。
    ■Hi-νガンダムのサイドアーマーを加工して、小型スラスターを追加。
    ■シナンジュよりプロペラントタンクを移植。先端をそぎ落として、別パーツでディテアップ。



    【武器】

    ■ビームライフルに小型タンクを追加。
    各バーニアにビルダーズパーツのバーニアを一部加工して使用。
    【カラーレシピ】
    F:フィニッシャーズ G:ガイアカラー C:クレオス


    オリジナル紫サフより、
    F:ブルーパープル+G:EXホワイト+G:蛍光ピンク(適量)
    →G:フラットクリアーでコート

    □白
    グレーサフより、
    F:スーパーシェルホワイト+G:クリアーブルー(数滴)+G:ニュートラルグレー2(数滴)
    →G:フラットクリアーでコート

    グレー
    グレーサフより、
    G:ニュートラルグレー(1~3を使用して3段構成)+G:ミディアムブルー(数滴)
    G:EX-フラットクリアーでコート


    黒サフより、
    F:青金
    →G:蛍光クリアーでコート

    シルバー
    黒サフより、
    F:ファインシルバー
    →G:蛍光クリアーでコート

    フレーム
    F:ライトガンメタル+G:メカサフ(ライト)※1層
    →C:ダイヤモンドシルバーを微量加えたものとG:蛍光クリアーでコート

    サイコフレーム
    F:ファインシルバー→G:プレミアムレッド(キャンディ塗装)
    →C:ルビーレッドを微量加えたものとG:蛍光クリアーでコート


    スミ入れ
    エナメル:ジャーマングレイでスミ入れ

    デカールは、νガンダムとスタインの基本キットのものを使用。
    アムロマーク、ラー・カイラムマーク、ロンドベルマークが、
    設定上全て使えなかったので、かなり気を遣って貼っています。
    さらに、今回はカラーチェンジを行っておりますので白抜きとの整合性も合わせています。
    (ちなみに01の数字は『試作機1号機』とう簡単なでっちあげです。)






    では本ショットいきますー






    自立はできるのですが腰延長の為負荷が心配ですので、
    普段はファンネルを外した状態になっています。

    てか角度によって凄い表情が変わる作品です。
    それがおもしろいかも(^O^)






    ピンポイントショットいきますー







    ここの塗り分けすっごい気に入ってますw






    最後に不慣れですがポージングショットー





    ナイトロシステム発動ーーー

    いけーファン・フィンネル!!
    (流石にワザとですよ)

    …ではなく、

    チ、チカラが、か、かってに…
    うわああああああああ


    という表現が正解ですw



    今回も台座を自作してみましたw





    素組との比較

    大分イメチェンできました!
    配色バランス、全体のエッジはよく出せたかと思っておりますw








    改造グルっぽ 第2.5回CCAコンペ参加作品
    MG νガンダム ver.ka改造『継承冀望』“νガンダム エスペランサ”

    以上です。


    おそらくツッコミたいところ満載ではございますが、
    本人にとっての代表作となる作品となりました。

    また、前回のPVは、本作に合わせてEbi先輩に執筆して頂きました。
    そちらの方も個人的には大満足な出来映えとなっております(^-^)ノ~~

    制作当初からこのブログをご覧になっていた方はご存知かと思いますが、
    本当に皆様の支えあって完成できた作品です。

    さらなるコミュニティも広がり、
    本作を通じて飛躍して一皮剥ける事ができたと思っております(^O^)


    毎回のように、いいねやコメをくださった皆様、
    また当ブログをご覧になってくれた皆様本当にありがとうございましたm(_ _ )m


    というわけで、自作は肩の力抜いてのんびりお気楽モデリングを楽しみたいと思います。
    (ラストスパートでマジで疲れ果てました…(爆))

    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
    点击每个帖子下方的“评分”按钮,可以给你认为优秀的帖子奖励一点“金币”!
    回复

    使用道具 举报

  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

     楼主| 发表于 14-7-8 14:14 | 显示全部楼层
    本帖最后由 su30mkk 于 14-7-2 21:27 编辑

    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑪ダメ出し箇所改修

    どもです!
    しばらく更新が停滞してしましましたーヘ(゚∀゚*)ノ

    というのも…
    モケの活動範囲をFBにまで拡大。
    掲載後、異常なまでの反響の多さに収集がつかなくなるハメに(爆)

    やっぱり限界はありますわな( ̄▽+ ̄*)

    一番お世話になっている場所はやはりここになるので、
    活動メインは今後もこちらで行っていきたいと思います。

    そして、ブログ開設1周年まであと2ヶ月となりましたが…
    とうとう読者登録数も100人の大台に(^O^)/
    5月のトータルPV数は47,540 平均しても1,500超
    アクセス者数は一月で16,390人
    いつの間にか、このカテゴリーの枠内ではかなり大きいブログとなって参りましたm(_ _ )m
    (上の数字は的確なものではないようですが)

    皆様から毎回頂くいいねやコメントのおかげで、
    いつも楽しくモケ活動を続けられておりますw
    結果、いい作品にも恵まれておりますo(^^o)(o^^)o
    重ね重ねですがいつも本当にありがとうございますm(_ _ )m

    さて、本日は前回皆様より頂いた、ダメ出しの改修をしたいと思います。
    最終的判断は自身で取捨選択させて頂きましたが、各個人の捉え方大変勉強になりました。
    ダメ出しして頂きました方々本当にありがとうございましたm(_ _ )m

    まずは
    プロペラントタンクの根元の軸が見えて気になるという点

    軸を切り取り短くして、ハメ混んだ時に自然になるようにしました。
    本人は全く気付かず…
    でもたしかにおっしゃる通り、軸が残っているとおかしいですね(ノ_・。)

    次に、『バーニアのフチを薄く加工すると良い』
    『中央のバーニアはもっと大きい方が見栄えする』という2点。

    写真左ママ。右加工後。
    ビルダーズパーツの渕を薄々加工しました。
    って、地味すぎてわからない(w_-;

    さらに大型にするため、ブキヤのバーニアと合体させて、
    中にビルダーズパーツを配置し二重構成にしてみました。

    こんな感じで。
    後は塗り分けで、いい味を出せたらいいなと思います。

    次にサイドアーマーの延長。

    いや、キットママだとたしかにちょっと短いんだよね。
    さらに、自分の場合は今回シナスタパーツを使っているので、
    余計に短く見えてしまっています(T_T)

    気付いてはいたのですが、、、
    やはり見透かされてしまうのですねY(>_<、)Y

    てなもんで先端で10mm延長。


    成形してこんな感じに。
    先端は少し形状を変更してみました。

    そしてここで重大な穴に本人が気付く。


    シナスタのフロントアーマーをそのままもってくると、
    間接付け根がスッカスカに(ノ◇≦。)

    とまぁ冷静に考えれば簡単なこと。

    シナスタパーツを持ってきて


    側面のみカット。


    移植して問題なしw


    でトータルチェック
    てか、なんかカッチョイイぞ(‐^▽^‐)


    長さのバランスどうですか!?ジロさ~ん


    さらに、改造後やスジ彫りの粗を溶きパテで埋めて最後の追い込みです。


    現在は全てのパーツをバラして洗浄中。
    個人的にパーツ洗浄は原始的作法に限るww
    (一応超音波洗浄機も持ってはいるのですが)


    最後に塗装前のフルウェポンショット!
    ※画像は本日の改修前です。

    シナスタのライフル、カッケーのですが大きすぎてバランス悪いかも(ノДT)

    しかし…
    全て分解した後、あまりのパーツ数で心折れる(爆)
    これを全部塗ってまた組み立てなきゃと思ったら、、、一気にトーンダウン。
    これまでの改造の疲れもあり、ちょっとモチベ失っています(>_<)

    あと1ヶ月、駄作にだけはしないようにしないとですね(゚ーÅ)

    そろそろ次回作の発表をしたい!

    次回には発表できるかな!?

    という事で、うっすら前触れを(^O^)

    待て、次回!

    本日もご観覧頂きありがとうございましたm(_ _ )m










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑫山善乾燥機&メカサフ&紫サフレビュー

    こんばんはー!
    日本代表の初戦は残念な結果となってしまいましたが、
    気持ちを切り替えて、残りの第二戦頑張って欲しいです!!

    本日は
    次作の制作予定発表!
    …のハズだったのですが、
    νガンが締め切りがもうギリギリですので、まずはこっちの完成を急ぐ事に(爆)

    今回はちょっぴりお役立ち情報(^-^)/
    といっても、ネットで他の方がやっているものを自分アレンジで紹介するだけですm(_ _ )m
    これからっての人はぜひ参考にしてみてくださいw

    まずは、この梅雨時期の強い見方

    まるぜ…
    山善の食器乾燥機!!
    等ブログでもちょびちょび顔出していましたが、
    アマゾンのレビューがとっても『アレ』な件で有名なあの子ですw

    そうこれは食器乾燥機にあらず!
    『モデラー用乾燥機』
    なのです!
    今回は時期に合わせて、この子をちょっぴり詳しくレビューしたいと思います。

    早速ですが、商品自体はあくまで『食器乾燥機』ですので、
    『モデラー用乾燥機』の変貌させるにはちょい改造が必要です。

    その改造法を説明いたします(^O^)

    まずは側面のグレーのカバーを取り外します。


    簡単に外せますw

    両脇のカバーを外したら蓋を開け、

    中にあるトレーを引き出します。
    このトレーは当然食器用に出来ているため、プラモの乾燥機としてはピンが非常に邪魔です。

    そこで

    中のピンをバスバス切り取ってしまいましょう!!
    この時注意ですが、このピンがなかなか固く、一本一本も太めですので、
    手が真っ赤になるくらい結構な力が必要です。
    プラモ用の精密なやつではなく、安くて大きいニッパーを使用すると無難です。

    というわけで…

    スッキリしました!!

    トレーを中に戻して

    最後に園芸用の鉢底ネットを敷いて完成です!

    ちなみに私は、

    コンパル 鉢底ネット 20×30cm 2枚組
    というのを使用しました。
    これは100円ショップでも手に入るかと思いますw
    また下に敷くものとしては、
    ネコの爪研ぎ(ペイントブース)なども良さそうですね(^O^)

    さらにもう一工夫

    台所用やお風呂用のラックを設置すれば、2段式で容量アップ!!


    今回のMGνガンダムでいけば、全てのパーツを一度に…はさすがに無理ですが、
    HGならおそらく全てのパーツを収容できそうですw
    乾燥機としてはもちろんですが、自分はそれ以上に
    埃からパーツを守れ!!
    こっちの方が強いかも(爆)

    最後にこの子のスペックを
    カラー:ライトグレー
    消費電力:180W
    コード長:約1.4m
    容量:約5人用
    本体寸法:幅41.0×奥行40.5×高さ34.5cm
    質量:約3.1kg

    辛い梅雨時期の塗装にいかがですか!?w

    まるぜ…
    山善乾燥機についてのレビューは以上です(^-^)/

    塗装関係のお役立ち情報として、
    もういっちょいきます!

    先日ガイアから発売されたガイアのメカサフシリーズ!

    今更ですがこのメカサフレビューと、
    こいつを使ってちょい一工夫を~
    従来より食いつきやすく、剥がれに強いという事で、
    サフとフレームの本塗装を一度に済ませてしまおう!という代物です。
    色はライトとヘビーの2種類。

    さて、今回自分が試してみたかったのは、

    ガンメタを混ぜたら、ガンメタのサフ一層式ができるんじゃね!?

    さらにシルバーを混ぜて、シルバーサフなんてできるんかな!?と実験
    まずはライトにシルバーを混ぜてみる。シルバー2に対し、サフは1

    ORZ

    まぁ、そりゃそうか(爆)
    というわけでシルバーのサフ一層式は速攻でアウト。
    濃度変えてもシルバーの輝きがなくなるので、多分ダメですね。サフが強すぎる。

    次にガンメタ2に対し、サフ1で試験。
    サフはヘヴィだと黒くなりすぎるのでライトをチョイス

    こっちはいい感じ!
    食いつきもよく、ガンメタの質感も残ったままw
    さらに重要なサフとしての機能『1000番としてのキズ埋め効果』もバッチリ!!

    が、当然、ガンメタ純正に比べると、
    どうしてもグロス感は多少落ちるので、一工夫してみる。

    Mr.クリスタルカラーシリーズの ダイヤモンドシルバーを
    少量混ぜたものでコートしてみると、ガンメタ感が復活!
    メタル感の調整はこのダイヤモンドシルバーの量で調整できますw

    これで、今までは、サフ→本塗装→コートの3層式でしたが、
    1回の行程が省かれ、2層式で塗装する事ができますw

    塗幕を薄くでき、エッジを保てる効果と何より時間短縮が嬉しいです!

    フレームはガンメタ派!
    って方にオススメです!
    まぁ誰でも思いつくような簡単な事ですが(爆)

    ラストにもういっちょ!
    塗装の決めては下地が重要
    というぐらい下地の色は重要かと思います。そこで、今回は巷でちょい流行!?の

    紫サフシステムを導入!!
    今回私が調合したのは、
    ガイアの白サフに、フィニッシャーズのラベンダーでオリジナル紫サフを開発!
    さらに隠蔽力が不安だったので、普通のグレーサフも少量混ぜて調整します。

    さて、この紫サフですが、なぜ紫かというと…
    そもそも紫という色は、CMYKの4色分解をすると、
    C(シアン)とM(マゼンタ)を混ぜて作り出されたものです。
    つまり、赤、青が含まれているという事になるので、
    白、赤、青に大して非常に優秀な下地に!

    左から、整形色が青、紺、白、赤になります。
    隠蔽力、サフとしてのキズ埋め効果、食いつき
    オールグリーンでございます(^-^)/
    何より陰影力が凄い。色としては弱いハズなのに、
    これだけ異なる整形色の上に塗っても、色の統一化ができていますw 素晴らしいです!
    これで、今までは『サフ→下地色→本塗装』という3層式でしたが、
    サフと下地が同時行程で済むので、2層式で塗装が可能になりそうです(^-^)


    さらに、白との相性もバツグン!
    SEEDやダブルオー系、センチネル、パステルカラーの発色に真価を発揮できそうです(^-^)/

    てゆーか、このまま本チャンでもいくないかい!?

    とうわけで、本日は以上です。
    自分が今日記事にした事は、すでに他の方はやってらっしゃる事を
    自分なりにアレンジを加えたものです。すでにご存知の方も多いかと思います。
    ベテランさんや、凄腕モデラーの方には全く役に立たない情報かと思いますが、
    広い目で見て頂けると嬉しいです。

    CCAコンもラストスパート!!
    RYUA氏、間に合うのか!?










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑬最終更新!?

    おはようございます!

    珍しく朝の更新~

    というのも…

    ………

    更新現在、今だショックを引きずっております。

    これが現実。これが世界。悔しいけど相手を賞賛。

    そして、当初の予想通り、欧州勢がやはり苦戦。

    多くを語るのはよそう(w_-;

    代表選手お疲れ様でした!

    さあ!気を取り直して!

    締切間近!! 初参加コンペCCA縛り!!

    締切間近というのに、今私が行っている行程は・・

    ライフルの改修!!

    カトキ版キットのライフルに、Hi-νっぽいタンクを追加しました。
    パーツはビルダーズパーツのプロペラントタンクを加工して簡単に制作しました。

    それと…

    プロペラントタンクの改修!!

    素では先端のディテールがエッジが丸っとダサイとキタ塾長から指摘を受けましたので、
    ビルダーズパーツを使ってディテアップいたしました。

    先端を少し削りこみ…


    あとはビルダーズパーツをハメ込むだけ!

    このダクト、ビルダーズパーツの中でもとても優秀で、
    塗り分けしやすい構造になっている為、個人的に使い勝手がよいかと思っておりますo(^▽^)o

    あ、先端は後で埋めますよ(爆)

    …と、未だに改修を行っておりました…(>_<)

    いつもながら、カラーは大幅イメチェンにつき非公開の為、
    ブログネタになりません。

    ですので、毎日深夜作業の中『塗り分け頑張ってますよーw』アピールでも(゜д゜;)

    マスキング地獄奮闘中。

    同キットを触った人であればわかると思いますが、
    こんなに塗り分けが必要なキットではございません(@Д@;


    シールだけでも1時間かかりました(T_T)
    マジでヘタレすぎです…


    TVを見ながら作業を行っていたら、凡ミスもY(>_<、)Y

    結局、マスキングだけも半日作業に(爆)

    でも苦労あって

    デキは上々かと(゚ーÅ)

    最近のマスオ作品でよく見る、浅い階層でのコントラストを意識してみましたw


    ちょっと難しいコチラのパーツの塗り分け


    コイツに初挑戦!!


    スーパーカリスマ凄腕モデラー、ken16wさんより、
    『そのまま使用するのではなく一度台紙に移してから、つまようじでチクチク盛りつける』
    という、ありがたいアドバイスを頂き、早速実行してみましたw

    なんとかうまく塗れたと思うのですが、、これうまく剥がせるのかな!?Y(>_<、)Y

    さらにーー
    さらにーー

    スーパーカリスマ凄腕モデラーのモデラートラッカーさんより、
    『バーニアの中も塗り分けろや、恥ずかしいからコッチ見るな、ププププ』

    同じく、スーパーカリスマ凄腕モデラー人参さんより技を頂き、
    『バーニアの内部はこう塗り分けるんじゃ、恥ずかしいからコッチ見るな、アハハハハ』

    と笑われてしまったので、バーニア内部を塗り分ける作業を現在実行中です(爆)

    参加者達の
    トランザーーーーーム!!

    が響き渡っておりますので、いざ私も…

    トランザーーーーーーーーーーー…

    ORZ

    途中でネタ変わっとるし
    最大で1.15倍って…
    (※本人このネタめっちゃ気に入っています(爆))

    こんな最後ですんません(T_T)
    が、頑張ります…










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑭完成予告

















    追記

    n_i_t_r_o(ナイトロ)
    本機に搭載されている新型サイコミュシステムで、
    「NEWTYPE-INJECTION-TRACE-REFORMED-OLDTYPE」の略称。
    パイロットに対して擬似的なニュータイプ能力を与える効果があるとされ、搭乗中は常時起動している。これによってオールドタイプでもニュータイプに匹敵する戦闘能力を得る事ができ、また機体の追従性の向上や複雑化した火器管制の緩和、果てはオールドタイプによるファンネルの使用までも可能としている。
    だが、実はこのシステムは「パイロットを強化人間化してしまう」という代物であり、システムが稼動する度に乗っているパイロットの脳内を強制的に書き換えている。この影響で搭乗後のパイロットは言葉遣いや性格がかなり攻撃的なそれへと豹変してしまう。その為か、対外的にはこのシステムの詳細はほとんど公表されていない。
    ちなみに、システム稼働時の副産物として各部関節からの青白い炎のような発光現象が確認されていて、これはパイロットを強化人間化する度に起きているとされる。

    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
  • TA的每日心情
    难过
    15-2-4 22:38
  • 签到天数: 306 天

    [LV.8]武装色霸气拥有者

     楼主| 发表于 14-7-8 14:14 | 显示全部楼层
    本帖最后由 su30mkk 于 14-6-24 22:03 编辑

    MG『νガンダムVer.Ka』制作記①制作指針

    今週末はいよいよザクコンの結果発表&オフ会(^O^)
    こちらも盛り上がっていきましょ!CCAコンペ2014!!


    参加募集期間は今月末までエントリー可能、制作締切りは6月末
    まだまだ参加できますよ!(^O^) CCAファンの方はぜひぜひ参加表明を!!

    てなわけで、ガンプラ改造制作グルっぽ CCAコンペ参加作品
    MG「νガンダム Ver.ka」制作記スタートです(^-^)/

    まずは作戦タイム。
    トップモデラー達相手にドストレートで勝負を挑むなど、そんな無謀な挑戦はしませんo(_ _*)o
    今回はいつもの種機でやってる厨二的な考えではなく、しっかりとした時代背景を考慮した、
    νガンダムの進化の経緯を作品にしたいと思っておりますw

    これぞ、νの系統!(※注 個人の設定の捉え方によります)


    では順にピックアップしていきます。

    Hi-ν素体とも迷ったのですが、
    『キットの出来の良さで逃げる』
    という軟弱な理由で、素体はこちらで進行しようと思います(*´Д`)=з
    さすがにカッコイイですw 個人レベルじゃ特に文句はありません\(^_^)/

    しかし、一つだけ大きな問題点が…( ̄ー ̄)
    素組みだとファンネルが重すぎてこんなにもダレます。
    しかもファンネルの繋ぎの保持力の弱さときたら…(T_T)

    続いてHi-ν。横に並べるとこんなにも身長差が。
    元のνより一回りもちっこいのですね。
    (ちなみにνの頭長高22mに対し、Hi-νは20mだそうです)

    理由は… 自分はニワカですのでわかりません(≧▽≦)
    共有点は多数あるものの、やはり細部で結構異なりますね。
    Hi-νの方がより曲線ラインな気がします。

    さて、このhi-νの設定が結構やっかい。というか自由なんですよねp(^-^)q

    ・「小説版νガンダム」としてのHi-νガンダム
    ・「νガンダムの強化発展型」としてのHi-νガンダム

    大きく分類されると、この二つの解釈が有力らしいです。
    自分は小説未読のスパロボから入った人間なので、後者の解釈を選択します。
    こっちの解釈の方が改造に活かしやすいですしねw

    ファンネルの大きさにもここまで差が。
    形状はver.kaの方が好きなんですけど、
    大きさを考えるとHi-ν版の採用を検討中です。

    νとHi-ν、そしてファンネルについてEbi師匠のブログで詳しく解説しています。
    ご興味ある方は覗いてみてくださいo(^-^)o
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    Ebi師匠ブログより~νとHi-ν、ファンネルとフィンファンネルの違い~

    続いてシナンジュスタイン。

    強奪・改修される前のシナンジュ。
    「スタイン」とは「原石」の意味であり、文字通り「シナンジュの原石」となった機体。

    もはや改造モデラーの為のキット。今まで全く興味なかったけど
    素でも十分に結構カッコイイじゃねぇかヽ(゜▽、゜)ノ
    この子のおかげで今回のνガン制作のコンセプトが見えてきましたw

    カトキ氏自身
    「ディティールはサザビーよりHi-νガンダムを意識して描いた」
    というのは有名な話で、実はシナンジュこそCCAでは間に合わなかったHi-νガンダムを
    ベースに開発された機体ではないか!?
    という説がファンの間では語られているようですね。

    また、Hi-ν=シナンジュ・スタインという解釈もあるそうです。

    劇中の設定としては、
    『サイコフレーム搭載機であるνガンダムと、ユニコーンガンダムとの間の機体』
    という解釈が一番わかりやすいでしょうか。
    サイコミュ兵器を廃し、サイコフレームの性能を機体操作に全振りしたらどうなるかという、
    ユニコーンガンダム(フルサイコフレーム)開発前のテストモデルという事です。

    こうして並べてみると、妄想がふくらみおもしろいですw


    バックショットはさらにつながりを感じますo(^-^)o


    3年という短い月日ですが


    全身にサイコフレームを纏ったウニコーンへ(*^ー^)ノ

    武器の比較も。並べてみると面白いです(*^o^*)

    ビームライホォ


    シールドもw どれをチョイスしようか迷う..( ̄▽+ ̄*)

    うまくまとめたつもりだけど、
    すみません、悪いクセでまたゴチャっとしちゃいました(゜д゜;)

    まず前提として最も重要なのは、今回はあくまでCCAのコンペである事。
    一歩間違えれば、簡単に第三次の世界感に入ってしまう。
    それはなんとしても避けなければならない。

    キーワードは
    ・「νガンダムの強化発展型」としてのHi-νガンダム
    ・ファンネル兵器からスラスターへ移行する経緯
    ・サイコフレームの進化

    ガンプラベースでいくと、
    ベースはνガンver.ka、ミキシングパーツでシナスタ、カラーはHi-νで想定。

    そんな中、偶然にもほぼ同時進行でタボさんがシナスタとミキシング。
    自分はνを素体に、タボさんはユニコーンを素体に。

    なんてハイセンス!これは本当にカッコイイ!!
    (掲載には本人の許可を得ています。タボさんありがとう(^-^)/)

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    タボッチさんのフルコーンフルアーマー化計画

    同じパーツでもコチラには合わないwww

    自分のνとシナスタを挟んでタボさんのウニコに繋がれば面白そうだと思い、
    ちょっと掲載紹介させてもらいましたw
    お互い参加コンペが異なり助かりましたね(;^_^A
    無事完成できましたら、シナスタ挟んでぜひ並べてみたいです(^-^)/

    今の段階では完全にまとまっていませんが、以上をふまえて
    まとめたものを今回のオラ設定として制作していきたいと思います(^^ゞ

    せっかくなんでやっぱりこの2ショットをw
    なんの気合いもありませんが(・・;)


    おまけ。以前に作ったシナンジュと(*^ー^)ノ

    それにしても妄想楽しいなぁ~(^O^)/
    (にわかなりに必死に調べてまとめた記事ですが、間違いもあるかと思います。
    そんな時はシレっとご指摘ください(T_T))

    あいかわらずダラダラ長文ですみませんm(_ _ )m
    本日もこれまでご観覧頂きありがとうございましたm(_ _ )m










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記②アウトライン決定


    時が経つのは本当に早いもので、今月に入ってもう10日…
    2ヶ月半なんてあっという間だお(@Д@;

    紹介しそびれましたが、第2回のザクコンは圧巻と納得の結果で終了ヽ(;´Д`)ノ
    あんだけ凄いレベルがズラリ並ぶ中、メダリストのお三方本当におめでとうございます!


    先日のオフ会の交流を得て参加者続々増えています(^-^)/
    まだまだ参加者募集中!by宣伝部

    スパっと切り替えて、真面目にモケります(^O^)
    if設定Hi-νガンダム制作記再始動です!

    まずは大まかなアウトラインを決める為、
    今作の目玉となるバックパックの改修から始めたいと思います。

    今回はスタインの方を主軸として使用します。


    スタインの接続部の形状ではνに合わないので、
    スタイン側の基部を切断し、νの接続部を移植します。


    とり急ぎの画像ではありますが、
    νガンのバックパック接続部をスタインの基部に移植。


    νガンにスタインのバックパックが移行されました(^O^)

    では、ここからバックパックのアウトラインをデザインしていきます。

    最近発売されたビルダーズパーツシリーズの新作達。
    コイツらをおもいっきり利用します。

    パーツ流用もまたセンス!

    使えるものはガンガン使わないとねw

    まずは定番のバーニアチェンジ。
    自分はメタパは極力使わず、プラパーツでディテアップしていきます。


    次にプロペラタンクをそのまま交換します。
    接続部にちょい加工が必要ですが、すんなり納まりそうですo(^▽^)o

    で、さらに

    コイツにアクセントになってもらいます。
    ちなみに後付け設定ではνガンプロトタイプといった立ち位置らしいです(ノ゚ο゚)ノ

    スタインのスラスターに穴をあけて


    デルタカイのウイングを接続部から切り離しビルドパーツのウイングを連結させます。

    まさに偶然の産物w ジャストフィット(^_^)v

    これをバックパックに接続すると…

    イイ感じ!(*^ー^)ノ

    次にνガンの象徴フィン・ファンネル。

    最後までファンネル無しとも迷いましたが、時代の象徴として『生き』でいきます。
    ただし、ファンネルからスラスターへ移行する経緯を表現するため、
    ファンネル兵器は少し衰退させるといったテイでいきます。

    今回採用したのは1/144サイズ デルタカイのプロト・フィン・ファンネル。

    通常のものとの違いは、展開能力(ビーム・バリア形成)の無い攻撃特化型のファンネル。
    結局アムロ以外のパイロットには扱えきれないという理由で開発が見直され、
    旧型に戻したというif設定でいきます。
    …と言っても細かい事はもう気にしません(-_-メ

    企画サイズが一回り小さいのも狙い、ファンネルの数は4基でいきます。

    見た事あるラインだし(爆)
    フォレストさんのお言葉を頂くと、偉大な先代様のパクペクトってやつです(-^□^-)

    出力全開!ドライブ全開!!

    おおおおおお≧(´▽`)≦
    結構自然な感じじゃないかなぁ!?
    大筋なアウトラインはこんな感じで!

    しかし、ファンネルラックの構造がかなりネック。
    今回は少しだけスクラッチにも挑戦する予定ですo(^▽^)o

    最後にちょびっとだけ余談を。
    本日は待望のスパロボの新作の発売日!!

    …のハズが、アマゾンで頼んだら本日届かずヘ(゚∀゚*)ノ
    週末はスパロボ漬けかなぁ・・モケ活動に影響でまくりだなぁ( ̄Д ̄;;

    本日は以上です。
    ご観覧ありがとうございました('-^*)/










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記③お顔成形

    MG『νガンダムVer.Ka』制作記
    本日はお顔の成形記事…

    と勢いよくいきたいところでしたが


    何を言いたいの!?

    順を追っていきます。

    改修プランを考えていると、当然いろいろ資料を集めると思います。

    『νガンダム 改造(改修)』 『Hi-νガンダム 改造(改修)』

    というキーワードで検索すると、
    たいがいシュンさん、ナガイさん、SOMAさんという神々のサイトへ飛ばされます(爆)

    『自分にできる範囲で頑張ってみよう!』
    と、意気揚々リスパクトしていく事にしました。


    先端の角度を変えて、横から見た時のマスクの角度を鋭角に


    口?の上の部分を削り、『みょん』って伸びてしまってる鼻?下を短くし、小顔化。
    ついでに顎下も少し角度をつけて削っています。


    ヘッドパーツが丸いフォルムだったので、プラ板で先端を延長し角出し。
    ついでにスジ彫りも追加しました。(両方超甘いけど)
    さらに、中から削り出し薄く加工してみました。


    口パーツも丸かったので、角フォルムに。


    ひさし部の角度を若干変えて、目つきを鋭く。(するハズでした)


    バルカン部を3mm切り落として、1.5mmシングルバルカンに置き換え。

    で、いろいろイジったつもりだったのですが…





    超劣化(/TДT)/
    改修の一つ一つが雑すぎる。てか全然変わってない(´□`。)


    スジ彫りの角度とか…ないわぁ(w_-;

    てなわけで

    失敗です

    バスケットの国アメリカの
    空気を吸うだけで僕は高く跳べると思っていたのかなぁ・・・
    谷沢龍二 「スラムダンク22巻」より

    凄い作品を間近で見て勝手に上手になった気になったり、

    凄い方達と交流を持つ事により上手になった気になったり、

    ちょっと高い道具を買っただけで上手くなった気になったり、

    ブログでお褒めの言葉を頂く事で上手くなった気になったり、

    気分だけで自分の能力が上がったような…

    環境が変われば自分も変わるだろうという思い込み(勘違い)、
    でもそれ自体に中身はなく、自分自身が自分を変えようと思わない限りは何も変わらない。
    後退もなければ前進もない。同じような結果になるのだと思います。

    今回気づいたのは、
    自分のイメージしているものと自分の技量の差に大きな開きがあった事。
    そして完全に浮き足だってしまったという事。

    勘違い。

    恥ずかしい。

    そしてくやしい。

    反省します。

    出直してきます(_ _。)

    でも、前向きにいこう!!

    たかが趣味とはいえ、モノ作りだもん。
    こんな時もありますよね(爆)

    本日もご観覧ありがとうございましたm(_ _ )m










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記④シイタケディテデビュー!

    皆様のおかげで戻って参りましたー
    MG『νガンダムVer.Ka』制作記!!

    本日のブログタイトルは
    シイタケディテールデビュー(^-^)/

    これがそのデビュー作!!


    オオ!なんか、カッチェー事してるぞww



    …あれ!?

    先輩方のシイタケと違くね!?(´・ω・`)

    順を追っていきますー

    手順1

    一つ形を決めたら、それを元にプラ板にガイドを引く

    で、量産。

    手順2

    ある程度プラ板を重ねて、四方を瞬間接着剤で点付け。
    形通りにまとめてカット。
    一枚ずつカッターで剥がす。

    自分が初めに行ったのは手順1。
    その後、kita大先生にお聞きしたやり方を文面から読み取った想定が手順2。

    ベテランモデラーさんにご質問です。
    すみません、このやり方で合っているのでしょうか!?
    そして、1と2どちらが正しいのでしょうか!?

    そもそもシイタケディテの基本工作は…

    自分の初めの失敗!?は、
    1mmプラ角棒に1mmプラ板を重ねていっても、プラ板が垂直に立たなかったので、
    2mmプラ棒にしたところ、間隔が開きすぎてしまい大味になってしまった。

    かと思います。

    自分が行った手順

    下地になるプラ板を用意して、


    プラ板をプラ角棒で挟む。以下繰り返し。

    以上で合ってますでしょうか!?
    また、1mmプラ角棒で1mmプラ板を垂直に立たせていくには
    どうしたらいいのでしょうか!?
    プラの厚みは基本1mmでいいのでしょうか!?

    なんか質問ばっかりですみません(T_T)
    基本中の基本的なご質問ですみません(T_T)

    なにかと文面だけだとわかりずらいところがありまして、
    自分が体験した事から出た質問、疑問として記事にしてみました。

    よろしければ、ご教授頂けますと嬉しいです(_ _。)

    して、νガンの改修自体は実は結構進んでいるんですよー(^-^)/
    何回か更新記事に貯金があるのですが、今回はとり急ぎ定番の胴部延長工作をw

    …あれ、お顔は!?

    一度失敗してちょっと怖くなっているから後回し(x_x;)

    やはり、寸詰まり感が気になる…
    同キットの定番改修の1つではありますが、
    肩と足に追加装甲を行う予定ですので、シルエットが横に伸びる関係で
    自分も胴部の延長が必要になりました。


    一重に胴を延長するぞ!と言っても、
    これだけのパーツをいじらないといけません(爆)


    1.5mmプラ板を2枚重ね、合計3mm延長しました。
    もう一枚重ねても良かったかもヽ(゚◇゚ )ノ
    適当な位置でパーツをブッた切ってプラ板を挟んで延長してます。

    後からkenさんのを見てみたら、下部をプラ板で延長していましたねw
    あっさり記事にしていましたが、ここ結構難しいと思うんだよな( ̄Д ̄;;

    内部フレームのジョイント部分は

    構造がモナカですので接着した後、一度ドリルで穴を空けときます。


    フレームのジョイント部分を切断。


    で、根元に同じく1,5mmの2枚重ねのプラ板を挟み延長。
    最後に固定部を1日置いて乾燥させて真鍮線(1.5mm)で補強しておきます。


    2日程置いて、はみ出した部分を成形して形を出したら終了です(^O^)
    上の画像はとり急ぎですので、これからまだ成形しますよw

    組み立てて比較したかったのですが、一部パーツを破損させてしまったので
    組み立て比較はまた後日に(爆)


    現在はできるだけ丸いラインを角ラインに成形中です。
    これは自分がどうしても拘りたかったので、できる範囲で角を出していこうと思いますw

    本日は以上です。

    とりあえず元気に楽しんでいます!
    確実に前に進んでおりますww

    繰り返しですが本当に皆様のおかげです(*^ー^)ノ

    本日もご観覧頂きましてありがとうございました(^_^)v










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑤上半身改修


    どうもお久しぶりです!

    GWも本日で終わり…
    明日からまた満員電車に揺られて… って何の曲だっけ!?

    さて、久しぶりのCCAコンペ作品、νガンダム制作記!

    失敗と挫折を繰り返し、何度も心が折れ、それでも続けて、
    優しい先輩達に支えられて…

    なんとか逃げずに頑張っております(`Δ´)

    現在7割程は見えてきましたww
    更新ネタもかなり溜まっていますので、
    しっかり制作記を更新していきたいと思います(^-^)/

    本日は前回失敗しました、お顔の整形リターンマッチと上半身の改修です。

    ブログで仲良くさせてもらっている、あの人気カリスマブロガーオグさんとKOFで対戦!
    …はまた次回語るとして、無駄話せずちゃっちゃといきまっす(;´Д`)ノ

    とりあえず、前回の失敗作から

    よし、ブス

    前回の改修記事と重複する点もありますが、今回行った改修をまとめたいと思います。

    鼻下を削って短くして、口を奥に移動。顎下も少し角度をつけて削って小型化。
    口パーツは丸フォルムでしたので角を出しました。


    上が改修前。下が改修後。
    ヘッドパーツも丸フォルムだったので、プラ板で先端を1mm延長後角出し。
    ついでにスジ彫りも追加。さらに中から削り出し薄く加工しています。


    バルカンのパーツの先端を3mmカットし、メタパのシングルバンカンに置き換え。
    このシングルバンカン、いろんなところで活躍していますw

    ここからは新規

    後頭部をパテで整形し、前から見た時のシルエットのボリュームアップを目指しました。


    なかなか上手くいかないとです(爆)
    これでも数時間この行程に要しているのですよ( ̄_ ̄ i)


    横から見た時の離れ目感が当初から個人的に気になったところでしたので、
    目尻の部分に1mmプラパンを足して離れ目感を少しだけ和らげてみました。

    細かいパーツはカッターで掴むといいという、
    凄腕モデラーなみへえ様の記事を拝見し、早速応用いたしましたw


    スジ彫りもリベンジ。今度は上手くできたと思うww
    延長部分も言わないと気付かないでしょ!?(゜д゜;)

    てなもんで、完成したのがコチラ。
    せっかくなんで、軽くサッぷいて簡易的にちゃんと撮影してみましたw

    おおおお


    こんなんでも、ここまでくるの本当に大変だったんです(-。-;)
    この程度の改修で失敗の連続… 早くヘタレから卒業したいす(w_-;


    後ろへの延長も定番みたいですが、自分はこのままのラインが好きですw


    そんなこんなで

    RYUA氏は理想のヘッドを手に入れた!!

    バックの背景にとけ込んで分かりづらくなってしまいましたが、
    ボリュームアップによるアウトラインの変更が凄い効いていると思うww

    久しぶりの更新なので、このまま上半身もいってみたいと思います(o^-')b

    前回と重複しますが、そのままでは寸詰まり感のある胴部を3mm延長しました。
    この胴延長は定番の工作ですが、自分個人の見解だと4mmがジャスティスな気がしました。

    これもね、ヘタレからすると本当に大変でしたよ(w_-;


    次にコクピットハッチの改修。


    先端を3mm延長した後、1mmのプラ板で覆いました。
    個人的に、このコクピットハッチのC面をどうしても取りたかったので。


    整形ののち、プラ板とスジ彫りで小ディテUP。



    さらに小ディテUPを加えていきます。

    で、せっかくですので軽くサっぷいてみる。

    おおおおお


    なんとか纏まってきたんじゃないですかい!?\(*`∧´)/

    コクピットハッチのエッジ、ピシッときたよww
    あとは細かいツメと、首もとのディテール!!

    というわけでなんとか生きていました(爆)
    ギリギリのところで頑張っております(ノ_-。)

    失敗しまくって、悩んで、また失敗して…

    と、これまでの経緯は無事完成できたらまた語るようにしよう。

    本日は以上です。
    ご観覧頂きありがとうございました('-^*)/

    表面甘いところはまだまだこれからっすよ!

    のし( ̄∩ ̄#










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑥下半身改修


    こんばんは!
    今は勢いでひたすらモケっておりますっ
    以前自分が落ちていた時に頂いたガルマさんのお言葉
    『高くジャンプする為には1度大きく屈まなければなりません。』
    現在大きく飛び跳ねております('-^*)/
    今凄い勢いで成長している気がするw また楽しくできるようになってきました!
    こういう勢いのある内はいけるとこまでいかないとね(゜д゜;)

    本日は母の日(^O^)
    という事で今年もベタにカーネーションを送りました(;^_^A

    いつもは赤いやつだったので今年はオレンジでw
    花屋とか、結構好きな自分です(-。-;)

    さて本日は下半身の改修!
    …なのですが、ちょいトラブル。
    いつものようにモケってはパシャパシャ撮っていた愛用のデジカメ
    リコーのCX6が突然お亡くなりにヽ(;´Д`)ノ
    日頃の行いが悪い なぜ突然!?
    現在は修理費の見積もり待ち、それ次第では買い替えを検討中。
    でもこのCX6、モデラー仲間でも愛用者も多く、
    自分も気に入っていたので、できればまた手元に戻したいな。
    途中からアイフォンカメラになり、不本意ですが制作記は続けていきたいと思います(><;)

    一気に参ります!
    まずは腰から

    フロントアーマーはシナンジュスタインのものを使用。
    先端に少しRのラインがあったので、削ってC面に変更。
    さらに足に使うスラスター?もシナンジュスタインから流用し使用します。
    シナンジュスタインのパーツをそのままνガンダムver.kaの素体に持ってくると、
    ディテールがのっぺらすぎるので、スジ彫りでディテールアップします。
    ちなみに『ガンプラ スジ彫り』でググると、
    なぜか等ブログが2番手の検索結果となっております(爆)
    またの機会にでもスジ彫りは細かく記事にしたいと思いますw


    リアアーマーもRのラインがあるので、削ってC面をつくりました。

    続いて足の改修。

    付け根のパーツに合わせ目が発生していたので、本キット初の合わせ目消し。


    ふくろはぎのスラスター内部のバーニアをビルダーズパーツに置き換え。


    で、定番の逆間接の改修。
    丸い円で囲まれたところを削って干渉をなくし鳥足にしました。


    次にスネののっぺらとしたところ。
    単純にブキヤパーツ差替えでもよかったのですが、内部との塗り分けが面倒そうなので、


    ビルダーズパーツのフィンの内部のみを使いフレームに固定。
    こうする事で塗装を分割に行え、お手軽小ディテアップを可能としましたw

    で、下半身一の難題。

    シナスタのスラスターをνガンの足に移植させる作業です。
    前例がないので無い頭をフル回転、4時間悩んだ末の答えです。

    悩んでてもしゃーないのでとりあえずカットカット!
    (おおよその検討はつけていまです(・∀・))


    スラスターの軸の部分を移植する為の隙間を作ります。
    全部カットできないのは、後ろのスラスターに関係するからです。


    スラスターを取り付ける軸が移植できましたw


    外装を被せてみてもピッタリ!


    位置付け、可動ギミック、保持力、全てオールクリアです(^-^)/
    ここまで自然に持ってくる作業でも本当に苦労の連続ですヾ( ´ー`)

    …が一つ大きなミスに気付く

    固定場所を間違え、サイコフレームギミックが死んでしまった(T_T)
    ここを塞いでしまうと、制作コンセプトから大きく外れてしまい、
    全景の違和感にも直結してしまうので、どうしても発動状態に拘りたい…
    でも内部はもうガチガチに固めてしまったので後戻りは不可能。

    辿りついた答えは…

    外部装甲を削ってムリヤリオープン!!
    冷静になったらそんな難しいトラブルでもなかったとです(´д`lll)
    でも自然でしょ!?w

    さて難題を終え、後はひたすら面出し作業。
    このキットの下半身は非常にRラインが目立つのですが、全部やっていたらキリがないので、
    できる範囲でエッジを出す事に拘ってみました。

    上がキットママ。下が改修後。
    ふくろはぎのスラスターはRラインだったので、C面を作り全て面出し。


    左が改修後、右が改修前。

    で問題のライン

    極力このラインをピっと出したい。
    原始的にせっせと面出ししてみました。

    なもんで、今回も軽くサッぷいてみることにw

    でん!


    ででん!!!


    気にしていたエッジも


    比べれば多少は出たと思う(ノ_・。)
    もうちょい頑張ってみますかー


    シナスタのスラスターも合わせ、ふくろはぎはとってもイイ感じ(^-^)/

    では最後に、、がーーーったい!




    とりあえずアイポンが残念すぎるぜよ(T_T)
    妙に顔デカく見えるし( ̄▽+ ̄*)
    実際はもっとバランスいいハズなんだけどな
    やっぱりCX6は偉大だったなぁ(爆)
    ・・グググ…撮り直したい、最後決まらなかったぜよ(>_<)
    とりあえず面はだいぶパキってきたと思うw


    現在は『ヘンタイディテ講師のkita塾』に入塾し、塾長自らにご教授を受けるも、
    塾長があまりに厳しすぎるので2日でバックレヘ(゚∀゚*)ノ
    (kita塾長いつもあざすw)

    なんとかでっかい山を超え、あと一つの山を登ればいよいよ塗装に入れます!
    自分は少しだけ見えてきましたよ(^-^)/

    てなもんで
    本日もご観覧頂きありがとうございましたm(_ _ )m


    朝それとなく撮ってみた画像。
    こっちの方がイメージ近い気がする。。
    でもカメラのせいにしちゃアカンすね(>_<)

    追記
    悠月詩音さんの情報により、頭デッカチに見える問題は、
    どうやらアイポン…のせいではなく”正確には撮り方”が悪かったみたいw
    おかしいと思ったんだお(ノ_・。)
    悠月詩音さん情報ありがとうございました(^-^)/










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑦腕の改修


    こんばんは!
    珍しくだいぶピッチが早いです((((((ノ゚⊿゚)ノ

    GW前後は意外に仕事がのんびりしていますので、
    今は平日からかなり時間を作る事ができていますw

    ピッチが早い理由は…そう!

    本体の一旦完成と、前回のスマホ撮影の件で凄く面白い検証結果が出たので、
    皆様に逸早くご報告したく、早めの更新となりました(^-^)/

    前回のあいぽんで撮ったら顔がデカくなっちゃった事件
    悠月詩音さん、ごんちゃんさんのコメントにより原因が発覚いたしました!

    まずは問題となった写真

    胴延長してるのにこのバランスは絶対におかしいのよヽ(*'0'*)ツ

    『あいぽんで撮影する場合、通常のカメラと違ってレンズが本体の上部に付いていて
    本体の傾きの影響を大きく受ける』
    『全身を撮る時はあいぽんを逆さにして撮る』

    この2点に注意して撮り直したところ…

    左が前回。右がカメラを逆さにして撮り直したもの。
    明らかに違うぜよ(ノ゚ο゚)ノ
    それでもまだちょっと実物よりは大きく見えるような気がするんだけど、
    以前よりは明らかに良くなりましたw 実はこれが気になって気になって…(爆)
    あいぽん撮影の基本!? 全くの無知でございました(ノ_-。)
    お二人共、貴重な情報ありがとうございましたm(_ _ )m5">

    さてスッキリしたところで、残す腕の改修いってみます!
    正確には肩の大改修です(^-^)ノ~~
    実はこの部分は初めの工作で、開始より4週は経過してるのですが、
    どうしても改修プランとディテールが決まらず本体最後の改修となってしまいました(。-人-。)

    てなもんで

    最終的なゴールイメージはこんな感じです。
    νガンダムの肩パーツにシナスタの肩パーツの上部のみをミキシングし、
    オリジナルのラインを出します。
    この擦り合わせ…1ヶ月かかりましたm(..)m

    では早速
    ご覧の通り、シナスタのパーツをポン付けしただけだと

    丸い円で囲ったように大きな隙間ができてしまいます。
    さらにこのままだと大きくなりすぎて、かなり間延びしてしまっています。

    さて、どうしたものかヾ( ´ー`)

    悩んでいても前に進まへん!やってから後悔する!!


    まずはνガンの肩パーツの上部を一部カット。


    大胆にシナスタパーツもまっ二つ!


    プラ板挟んで3mm延長!
    画像だとキッタネーけど、今はめっちゃ自然だおw


    さらにMG特有の内部フレーム構造を利用し、シナスタ肩パーツの一部をくり抜き、
    下の内部フレームにディテを追加、内部を露出させて立体感を持たせる事により、
    一体感の向上が狙い、ポン付け感をさらに解消させます。


    幅を広げる事で覆い被せる方向に持っていきましたw
    これで先ほどのスキ間と、全体のボリュームはクリアです!

    さらにサイコフレームも展開! これ重要(^-^)ノ~~


    最後に下のνガンパーツとシナシタパーツを接着し終了ですw

    しかし、ここからがまた大変(*´Д`)=з
    今度はスキ間埋めですっ

    横から覗けば当然こうなります(。>0<。)


    とりあえず単純にビルダーズパーツを使って隙間埋め。
    うーん、これだと丸いバーニアが、下の四角のディテールと合わないのでボツ。

    しかし、方向は悪くないって事で

    ビルダーズパーツにビルダーズパーツをミキシングするという荒技!!
    …そうでもない?(爆)


    完璧!クリア!!
    ここまでは2週間程でクリア。

    で、やはり難関はここ。内部フレームのディテ。
    ここだけで1ヶ月悩みました。当然その理由は…

    ようやくここでシイタケ選手投入!!
    これは試作1号機。
    ププッまぁ酷いもんですm(..)m
    しかし、これが決まらない決まらない(ノ_・。)

    これより、アムロなみへえさんとkitaさんを中心とした、
    様々な方からのコメントよりありがたいレクチャーを受け、
    影でコソコソとシイタケ栽培修行の旅に(´д`lll)
    お二人の画像を隅々まで研究し、更にはリスパクトさせてもらいましたo(^▽^)o

    まずは割り切ってまねごとから!

    ああでもない、こうでもない…


    ブスだわー


    もうめっちゃブスだわー


    試作2、3、4、5号機…

    半ば心折れる寸前でしたが

    6号機目でついに


    もう何種類の形状を作り出したかわからん(゚ーÅ)


    おう!?


    おおう!!??

    てなもんで今日はもう限界(>_<)
    本体全景までバスっといきたかったけど、また後日という事で(´・ω・`)
    今週もう一回アップしますw

    本日もご観覧頂きありがとうございましたm(_ _ )m


    今朝の最新画像ですっ(^O^)
    …あ、肩の先端アカンわ(°∀°)b










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑧本体完成

    公言通り、勢い良く3連続更新ですо(ж>▽<)y ☆

    本日の開幕ネタは、またまたちょいとお役立ち!?情報~
    以前モデラー達の会話の中で、エアブラシ塗料の希釈率について
    大いに盛り上がっていたので、その件について少し触れてみたいと思います(^-^)/

    人によって様々なんだな~というのが感想ですが、一番多かったのは
    塗料1:溶剤1.5
    でした。

    1:1、1:2などの意見もありましたが、中には7倍という方も(-"-;A
    …バ○さん 冗談ですよね(爆)
    さらには、サフは1:1、クリアーで1:3などという意見も見受けられました。

    さて、気になったもんで自分はどうだったかというと


    0.8ccのスプーン大さじ1杯に対して(約1cc)
    軽量カップ1メモリ(2.5cc)

    希釈率は約2.5倍

    自分は薄めでした(@Д@;

    塗装の目安は、
    1周目 ほんのり薄く色が乗る程度
    2周目 色のベースができるまで
    3周目 ある程度色が乗るまで
    4周目 しっかり色が乗るまで
    5周目 仕上げ・微調整

    以上の行程を基本とし、一度に一気に色をつけるのではなく、
    薄く吹いては次のパーツ、薄く吹いては次のパーツを繰り返しています。
    ッて、基本中の基本すね(°д°;)

    ちなみにガイアノーツの公式HPによると
    『目安としてお薦めしている希釈率は筆塗りの場合塗料1に対して薄め液0.5から1の割合。
     エアーブラシの場合塗料1に対して薄め液2から3の割合。
     メタリックカラーの場合は若干多めに溶剤を入れてください。』※ママ転移
    だそうです。
    間違ってはなさそうだけど、今までこのやり方で不便と思った事がないし、
    塗装は自分でも下手だとは思っていないので、結局は人それぞれって事で( ̄_ ̄ i)

    追記
    頂いた皆様のコメントを見ると、どうやら割合・比較よりも、
    揮発していくという理由で、粘度の方が重要みたいです。
    でも適正な粘度ってなかなかわかりにくいものですよね(。>0<。)
    大変勉強になりました。

    やはり正解は難しいです(ノ゚ο゚)ノ

    てなもんで本題
    本日は本体の全景ショット公開になりますw

    マッシブな感じがイイ感じ!
    ようやくオリジナル感がでてきましたよww

    足のスラスターでもっとバランス崩れると思ったのですが、
    もともと大きい肩からさらに増して巨大化した肩のシルエットに相まって、
    個人的には良いかと思っております(^_^;)

    肩は少しデカイくらいの方が個人的には好みですw


    シナスタスラスターで出力アップ!
    いわゆる『背負いものあってのデザイン』のガンダムを作る際は、
    必ず『背負いもの無しの素の状態』も意識して制作するようにしています。
    例えるなら…
    ショートが似合う女子は本当の美人みたいな!?w

    こうして見るとエッジもよく出せてるんじゃないかと思っておりますが。。。
    パキっとした印象になりましたでしょうか!?(((( ;°Д°))))

    本日は以上です。
    捨てサフ状態ですので、サフ萌えってほどじゃないけれど、
    制作者のこれまでを十分に癒してくれるものとなりました(T_T)


    次は最大の改修ポイント、バックパックの大改修
    現在も奮闘中です(`ε´)

    と、その前に先輩からありがたいご指摘をうけましたので、
    まずはそっちを攻略しなきゃ(><;)

    本日もご観覧頂きありがとうございましたm(_ _ )m










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑨バックパック改修前編

    こんばんは-^□^-)
    いよいよブラジルワールドカップ開幕!!
    次々に各国のメンバーも発表されて、
    だいぶ自分の中でもスイッチが入ってきたところですが、、
    ブラジルさん、大丈夫!?
    スタジアム未開発、デモ活動…
    うーん、このままで本当に大丈夫かなぁm(_ _ )m
    ハイ、主の裏の顔は引く程のサッカーバカ蔵
    大会が始まったらおそらくそっちのけになるかと思いますε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

    そんなサッカーヲタの今大会の超ザックリとした展望
    決勝はもちろん、アッズーリとセレソン!
    ネイマールがPK外して乙ww

    伝説の94大会決勝の逆ねw
    て、なったら神の手に次ぐ伝説になるんだけどなぁo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

    その前になんとか今のνガンを完成せねば!
    というわけで今回はバックパックの改修です。
    少し量がありそうなので2回に分けて公開しますm(u_u)m

    このシナスタのスラスターの内部に
    ファンネルを接続させるにはどうすればいいのか!?
    構想のアウトラインの具現化の為、いきなりの難題ですっ | 壁 |д・)


    うーーーん、どうしたらいいのか全然わからんっ

    何から手を出したらいいかわからなかったので、
    まずはファンネルとファンネルコンテナの構図のおさらいから


    これは、ガンダム博士のEbi師匠に構成の確認をとった時に作成した資料です。
    まずは解釈1の方。
    形状的にも、工作的にも楽なこちらの形状が当初の計画でした。
    さらに、作成当初はHGデルタカイのプロト・フィンファンネルを使用する予定でした。
    しかし、これは旧型の考えで、
    後期のファンネルは個々に充電できる解釈2の方が正しいとの事。(Hi-νの仕様)

    さて困った。
    当然解釈2の方が工作が難題。
    さらに解釈2で進める場合、HGプロト・フィンファンネルでは形状も設定上もおかしい…
    というわけで、νより少し小型なHi-νのファンネルを選択する事に。


    まず、ファンネルコンテナはHi-νのものを使用。
    ファンネルコンテナとファンネルの接続の問題はこれで簡単にクリア。
    次の課題はこのコンテナを
    シナスタのバックパックにどう接続させるか!?
    凄腕の方々はみんなここをスクラッチしてますが、
    当然自分にそんな技術はございません( ´(ェ)`)

    さて、ここからは
    『迷ってても何も進まないので、とにかく手を動かす!』
    作戦(*`∧´)/ 強引に突破口を開きます!

    コンテナを一度バラして


    切り刻んで


    構想上、イケそう!
    二段装甲も悪くない感じ(^-^)
    ではこの二つのパーツの接続をどう処理するか!?


    シナスタのバックパックのフレームについているバーニアの基部を一つ切断


    フレームパーツとコンテナをプラ板で繋いで一体化させました。
    ちょっと塗り分けが大変ですが、まぁここはしかたないです。
    一番重要なコンテナとスラスターの別パーツ化は守られてるし、これでよしとします。
    この改造はなかなか踏ん切りがつかず大分悩みました(T_T)

    ともあれ

    シナスタのスラスターからファンネル接続の基盤が見えてきました(^O^)

    お次は
    ファンネルの向きを、
    自分の構想のアウトラインにするにはどうすればいいのか!?

    普通に接続したらスラスターの角度から変な角度がついてしまい、
    アウトラインの流れが悪くなってしまいます。

    そこで、まずは

    真ん中の基部をとっちゃいます。
    さらに基部の周りをくりぬき、スイングの可動領域を広げます。


    これでスラスターの向きとファンネルの向きが平行になり、
    アウトラインに自然な流れを作る事ができました(^-^)/
    あ、最終的にはスジ彫りとプラ板によるディテアップをしていますw

    最後迄押し切ろう思ったのですが、
    今日はここまでです。

    なんか大げさに書いてますが、本当に大した事してないですよね…
    自分がヘタレなだけで本当にすみませんm(_ _ )m
    が、一応ありそうでない改修方法ですので、
    先代の真似事ではなく、全て自分で出した答えになります。
    というか、この程度の改修、先代は全てフルスクラッチですね(・_・ 三・_・)


    次回には、バックパック改修後編と、肩のダメ出しリベンジ編、
    塗装前のフル装備全景ショットを公開する予定です。

    てか、もうあと1ヶ月ちょっとになっちゃいましたね(;´Д`)ノ
    参加者の方々共に頑張りましょう!

    本日もこれまでご観覧頂きありがとうございましたm(_ _ )m










    MG『νガンダムVer.Ka』制作記⑩バックパック改修後編・全景

    こんばんは!
    そろそろ湿気がでてきましたね≧(´▽`)≦
    塗装組には厳しい季節となってきました


    しかし、私にはこの子がいる!!

    ちょっと余裕なRYUA君でしたw

    さて、今回は肩ディテのリベンジ、バックパック改修後編と、全景ショット公開(^-^)/
    無駄話せず、ちゃっちゃと本題にいきますっ

    まずは肩ディテから

    前回の記事より、いつも仲良くさせて頂いている凄腕モデラーの先輩達から
    肩のディテールにダメ出しが入ったので、ちょっとリベンジする事に。

    アイディア提供はご存知変態ディテール塾長Kita先生から

    これを


    こーして


    あーして
    何号機だったけな!? まぁいいや(爆)


    こーしました(^-^)/
    たしかに、断然良くなったと思うww
    kenさん、kitaさんご指摘ありがとうございましたm(_ _ )m

    それではバックパック改修後編!

    シナスタのスラスター上部がこのままでは味気ないと感じたので、
    ディテアップする事に。

    Hi-νのサイドアーマーが使えそうだったのでチョイス。
    このままポン付けする予定でしたが、横幅が合わないのでボツ。

    そこで

    ビルダーズパーツにHi-νのサイドアーマーを分解してミキシング。

    さらに、プラパンでポン付け解消へ。
    サイドアーマー→スラスター転換はおもしろい発想でしょ!?w

    当然後ろから見たらスキマがあくので…

    無難にバーニアを取り付けました。
    内部もスカスカにならないよう結構手をつけてます。
    (これが結構大変)


    こんな感じですw
    あ、現状は内部ももう少し埋めてありますよ(。-人-。)

    てなもんで

    作成当初のアウトライン公表時に取り付けていたウイングですが…


    無しの方向で(iДi)

    いろいろ考えて悩みに悩んだのですが…
    結局設定上意味ないってのと、ポン付け解消がまた高難易度の為ボツとなりました。
    最終的にはセオリー通りだいぶ引き算なデザインになりました。
    おかげでスッキリです(‐^▽^‐)

    そうそう
    始めの頃に、
    『ねーねープロペラントタンク細くない!?』
    『本当だ、ダサいよねープププ』
    という会話を聞いてしまったのですが、当初は押し切るハズでした。
    しかし、あのパーツの形状もどうかとEbi師匠にもツッコまれ
    だんだん自信をなくしてしまい…

    結局はMGシナンジュのパーツをランナー請求しました。
    送料込みで2つで1000円す。高い!?
    でも、たしかにこっちの方がいいや。
    モデトラさん、kitaさん、Ebi師匠、ありがとうございましたm(_ _ )m

    あとは、テキトーのスジ彫りを追加して、小ディテアップで終了です。


    あ、捨てサフ吹く前に撮るの忘れた…
    てなわけでわかりずらい画像ですが(爆)
    バックパックの完成です(^-^)/

    さて、肩のリベンジ、バックパックもでけたところで…

    合体や!

    開発当初から巡り巡り変わっていったデザイン

    こんな状態から

    こんなにもなり…

    ここより新加入のデジカメでの撮影になります。
    デジカメの詳細についてはまた後日…





    ど、どうでしょうか!?
    いきなりダメだしがあったので、ちょっと自信無し
    ちーん
    後ほど公表しますが、見た目通りのじゃじゃ馬設定ですw
    トールギスばりのブっとびそうな背中は表現できたんじゃないかと思います(^-^)/

    時間のない中の深夜作業と、間接やパーツの接続は完全にハメこんでいません。
    細かい点等、気になる箇所は自分でも何点か気付いていますが、
    もし、よろしければダメ出し等頂ければ幸いです。
    ってこの段階だともう押し切るしかないので、
    次回以降の勉強とさせて頂きます(><;)

    この後は一度バラして800番で全体を見直し。
    ここからは根気のみ。悩む行程はこれにてスッキリ終了です(^O^)

    このνガンが終了したらしばらくは息抜きモデリングをする予定です。
    できるだけ小改修で、とにかく回転数上げていきたいと思います('-^*)/

    最後に
    本ブログは見やすさ、読みやすさも大変意識して執筆していましたので、
    「見やすい」と言って頂き嬉しかったですw
    今後も頑張ります!

    本日もこれまでご観覧頂きありがとうございました(^-^)ノ~~

    本帖子中包含更多资源

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?会员注册

    x
  • TA的每日心情
    开心
    22-1-6 10:01
  • 签到天数: 1688 天

    [LV.Master]海贼王

    发表于 14-7-8 14:28 | 显示全部楼层
    整体效果漂亮!但个人不太喜欢背包的两个不大不小的“棒棒”
  • TA的每日心情
    慵懒
    15-1-13 11:22
  • 签到天数: 179 天

    [LV.7]超新星

    发表于 14-7-8 15:24 | 显示全部楼层
    都是对新ka海牛的不满么。。最近改了好几只好看的海牛。。
  • TA的每日心情
    慵懒
    15-1-13 11:22
  • 签到天数: 179 天

    [LV.7]超新星

    发表于 14-7-8 15:24 | 显示全部楼层
    都是对新ka海牛的不满么。。最近改了好几只好看的海牛。。
  • TA的每日心情
    难过
    14-1-16 12:45
  • 签到天数: 3 天

    [LV.2]菜鸟海贼

    发表于 14-7-8 17:19 | 显示全部楼层
    混搭。。。。
  • TA的每日心情
    奋斗
    20-12-8 10:23
  • 签到天数: 1352 天

    [LV.10]霸王色霸气拥有者

    发表于 14-7-8 20:47 | 显示全部楼层
    真牛B。。。。赞。。。。。。
  • TA的每日心情
    慵懒
    15-4-17 02:04
  • 签到天数: 189 天

    [LV.7]超新星

    发表于 14-7-8 22:55 | 显示全部楼层

    该用户从未签到

    发表于 14-7-9 11:24 | 显示全部楼层
    和我们家一样都是n年前的夏普。。。

    该用户从未签到

    发表于 14-7-9 17:38 | 显示全部楼层
  • TA的每日心情
    无聊
    14-2-11 10:02
  • 签到天数: 2 天

    [LV.1]屌丝山贼

    发表于 14-7-9 23:05 | 显示全部楼层
    一言难尽 ,看了这么久才看到评论 虽然看不明白岛国语言 ,但是 做得很XXXX
    您需要登录后才可以回帖 登录 | 会员注册

    本版积分规则

    广告服务|沪ICP备10204827号-7;沪ICP备10204827号-8| 沪公网安备 31011502006059号    

    GMT+8, 22-8-9 19:42

    Powered by XiaoT 2014

    © 2011-2087 MoMan Co.ltd.

    快速回复 返回顶部 返回列表